会社の案内

Company profile

About

企業の紹介
  • 24

    水素製造技術に専念する
  • 650

    + セット
    水素製造及び水素浄化設備
  • 85

    セット
    各国の特許技術
  • 20

    +
    国および地域/div>

since 2000

国家レベルの高新区-成都市高新区に登録された国家級ハイテク企業

亜聯水素エネルギーは2000年9月に設立され、国家級高新区である成都市高新区に登録された国家級ハイテク企業である。24年間の発展を経て、新エネルギーソリューションと先進的な水素製造技術を研究開発の方向とし、水素エネルギー分野の製品開発に及んでいる。技術の産業化と市場での普及を重視し、中国の水素製造業界のトップ企業である。

水素製造分野では、亜聯水素エネルギーは中国の水素製造分野において、プロのイメージを築き、650件以上の水素製造と水素精製プロジェクトを建設し、沢山の国のトップクラスの水素製造プロジェクトを請負、世界トップ500社の水素製造に関する提供業者である。6つの国家863プロジェクトに参加し、米国、EU、中国の特許85件を保有している。典型的なハイテクグローバル化企業です。

亜聯水素エネルギーは優れた品質、優れたサービスにより、国内外の多くの顧客と長期的な協力関係を築いた、国際一流会社の認定サプライヤーである。顧客には中石化、中石油、華魯恒昇、天業グループ、中泰化学などを含んでいる。アメリカのPlug Power、フランスのAir Liquide、ドイツLinde、アメリカPraxair、日本岩谷ガス、日本大陽日酸会社、イギリス石油(BP)などの会社も弊社のお得意様である。

亜聯水素エネルギーは水素エネルギーの規格作成に積極的に参与し、一つの国家規格を起草し、七つの国家規格、一つの国際規格の起草に参与している。このうち、亜聯水素エネルギーが起草・編成した国家規格「GB/T34540-2017メタノール転化変圧吸着水素製造技術規範」が公布された。2010年5月に参与した国家規格「GB50516-2010、水素ステーション技術規範」が公布した。2018年12月、参与した国家規格「GB/T37244-2018、陽子交換膜燃料電池自動車用燃料水素」が公布した。水素燃料電池自動車の水素注入と水素使用に関する技術規格を制定した。

  • 2008年北京オリンピックに向けた水素ステーションプロジェクト
  • 2010年上海万博水素ステーションプロジェクト
  • 海南衛星打上げセンター西昌水素ステーションプロジェクト
  • 全国6カ所の863プロジェクトに参加
  • 国家規格7件、国際規格1件に参加。

Framework

会社のアーキテクチャ
  • 四川亜聯水素エネルギーテクノロジー株式会社
    四川亜聯水素エネルギーテクノロジー株式会社
    国家級ハイテク企業、管理センター、企業管理、技術開発、工程設計、資本運営などを担当する。
  • 成都亜聯機械有限責任公司
    成都亜聯機械有限責任公司
    圧力容器の製造、装置の取り付け工事及び運営センターは圧力容器の監督製造(据え付け、修理、改造を含む)、移動装置の取り付け、調整試運転などを担当する。
  • 天津亜聯海水素エネルギー設備株式会社
    天津亜聯海水素エネルギー設備株式会社
    水電解水素製造の専門工場で、敷地面積は5500平方メートルで、毎年水電解水素製造設備150台を生産し、年間生産能力は1GWに達している。
  • 日本東京成川テクノロジー株式会社
    日本東京成川テクノロジー株式会社
    海外技術研究開発センター
  • 四川亜聯ハイテク株式会社上海支社
    四川亜聯ハイテク株式会社上海支社
    主に華東地区の業務展開と販売を担当しする。

Achievement

研究開発の成果
国家863プロジェクト
2011.

藍星(海南)航天化学工業有限会社と契約を締結し、1500Nm3/hのメタノール水素製造装置を提供した。海南ロケット打ち上げセンターに低温液体水素原料を提供している。


2013.1

北京宇宙飛行試験技術研究所(101所)と契約を結び、800Nm3/hのメタノール水素製造装置を提供した。北京宇宙飛行試験技術研究所に低温液体水素原料を提供し、中国北方衛星打ち上げ試験場に燃料を提供した。


2011.10

藍星(西昌)航天化学工業有限会社と契約を結び、600Nm3/hのメタノール水素製造装置を提供した。この装置はすでに2013年1月に正式に検収され、稼働している。西昌衛星打ち上げセンターの嫦娥2号、嫦娥3号のために低温液体水素原料を提供した。


2011.10

藍星(海南)航天化学工業有限会社と契約を結び、1500Nm3/hのメタノール水素製造装置を提供した。海南衛星打ち上げセンターに低温液体水素原料を提供している。


2009.8

上海同済大学(上海舜華新能源係統有限公司)と協力して、「280Nm3/hPSA水素浄化装置」を提供した。これは2010年上海万博で展示されたプロジェクトである。


2009.7

上海大学と協力して、30Nm3/hのコークス炉ガスから水素を製造する装置の総請負となり、課題番号は2006AA030201だった。この課題は国家863重点課題「コークス炉ガスによる合成ガスの生産または水素の生産」であり、2010年中国上海世界博覧会水素エネルギー電池自動車水素ステーションに水素を提供した。


2009.2

中国科学院大連化物所と協力して、「天然ガスの断熱転化により合成ガスを製造及び金属パラジウム膜分離により100Nm3/h水素製造の試験措置」契約を締結した。このプロジェクトは甲方が担当した国家863重点課題「泡炭化珪素基構造触媒天然ガス断熱転化によりガス製造中試」と国家の863目標課題「天然ガスと液体ガスにより現場で水素製造新技術」のために研究開発設計され、BP会社がサポートした水素エネルギープロジェクトであり、このプロジェクトは国内で最も先進な天然ガスの熱により水素製造技術である。


2007.9

清華大学と清華同方会社と協力して、2008年北京オリンピックのために水素エネルギー自動車の水素ステーションを設計、製造し、運行を提供した。このプロジェクトの核心内容は50Nm3/h天然ガスの蒸気による水素製造する。このプロジェクトはすでに2008年8月6日に甲方に検収され、2009年1月22日に科学技術部国家863プロジェクトチームの審査に合格した。また、2008年北京オリンピックとパラリンピック開催期間中に展示或いは走行する燃料電池自動車に高い純度の水素を提供した。このプロジェクトは国内で最も小さい天然ガスにより水素製造プロジェクトである。最も高い技術が必要なプロジェクトである。このプロジェクトの稼働は中国の天然ガスによる水素製造技術が世界トップのレベルに達したことを示している。


2006.12

華南理工大学化学工業学院と共同で「新型硫化パラジウム膜高純度水素生産設備の研究開発」という国家863プロジェクトを申請した。2009年8月末に建設が完了した。この技術は25ミクロンのパラジウム膜を採用したので、現在は世界をリードする技術を誇る。


2004.2

上海同済大学自動車学部と共同で国家863プロジェクト--「十五年計画国家863電気自動車大プロジェクト」、「燃料電池自動車用高圧水素水素ステーション及び水素供給技術の研究開発」を担当した。上海市の燃料電池自動車移動水素ステーションモデルプロジェクトのために水素精製装置の一連技術開発と設計製造を行った。このプロジェクトは2005年6月に完成し、2007年10月19日に科学技術部国家863プロジェクトチームの審査を通過した。上海市が安亭に設立した水素ステーションに高純度の水素を提供し、上海市の燃料電池のモデルプロジェクトに使われている。この技術の開発は、初の膜+変圧吸着複合プロセスで6種類の水素を含有するガス源から高純度な水素を抽出する中国における先駆となった。


規格を制定
会社の主要な技術者は一つの国家規格を編成して、七つの国家規格、一つの国際規格の編成に参与した。

• メタノール転化変圧吸着水素製造技術規格(GB/T34540-2017、起草者:王業勤、葉根銀、閻妍、何清保等)

• 水素ステーションの安全技術規格(GB/T34584-2017、参加者:王業勤)

• 水素ステーションの技術規範(GB50516-2010、編集者:王業勤)

• 変圧吸着精製水素システムの技術要求(GB/T19773-2005、編集者:呉素娟)

• 水素システムへの基本安全要求(ISO/TR15916-2004,参考人:王業勤)

• 変圧吸着精製水素用吸着器(GB/T29412-2012、参編者:高建華)

• 変圧吸着分離精製水素システム(ISO/TC17971,参編者:王業勤)

• 陽子交換膜燃料電池自動車用燃料水素(GB/T37244-2018、参編者:王業勤)

• 陽子交換膜燃料電池自動車用燃料水素ガスの団体規格(T/CECA-G0015-2017、参編者:王業勤)

技術的な突破
亜聯高科の経典プロジェクトと突破技術
  • 初めての天然ガスによる水素製造水素提供一体化ステーション——広東仏山ガス南荘水素製造水素提供一体化ステーション

  • 初めて米国Plug-Power会社に輸出する小型天然ガスによる一体化水素製造ステーション

  • 小型5Nm3/h、燃料電池と直接リンクできる小型メタノール水素製造装置

  • 大型単体メタノール転化炉の開発と応用、1台の転化炉が20000Nm3/hの水素が製造できる。

  • 大規模なメタノール水素製造装置、生産能力は60000Nm3/h

  • 大規模な40000Nm3/hメタノール水素製造装置--EPCプロジェクト

  • 初めてのメタノール触媒の燃焼で熱で水素製造装置

  • 初めての天然ガスの熱によるATR+パラジウム膜水素製造装置

  • 最初の水素ステーション上海安亭水素ステーションの水素精製プロジェクト

  • 2008年北京オリンピックの水素ステーションの天然ガスによる水素製造プロジェクト

  • 2010年上海万博水素ステーションの水素精製プロジェクト

  • 西昌衛星打ち上げセンター水素ステーションプロジェクト、海南衛星打ち上げセンター水素ステーションプロジェクト

  • 北京宇宙飛行試験技術研究所(北京101所)水素ステーションプロジェクト

特許技術
  • 85

    授権特許
  • 20

    発明特許
  • 63

    実用新特許
  • 1

    EU特許
  • 1

    米国特許

Service

顧客サービス
技術サービス
技術サービス

計器技術サービス:計器の故障分析、解決案の提供、プログラム制御の最適化。

プロセス技術サービス:始動過程の技術指導、プロセスパラメータの正確性への検証、プロセスパラメータ異常原因の分析、解決案を提供する。

設備関連の技術サービス:設備の破損原因の分析、解決案を提供する

現場で教育と訓練を実施する:装置の立ち上げ、立ち下げの手順及び設備の操作方法とメンテナンス方法。

連絡電話

13980717870
アフターサービス
アフターサービス

支援の要求を受けたら、48時間以内に現場に到着、関連サービスを提供する

年に1回から2回ぐらいの技術訪問を行い、顧客に親切なアフターサービスを提供する。

顧客の満足度90%以上

契約指数の達成率100%

顧客クレーム<3%

連絡電話

13980707736
国際貿易
国際貿易

設計、調達、リモートデバッグサービスを提供する

国際共通規格:ASME、IEC等

連絡電話

13980707736

対外貿易サイト

https://www.allygas.com
2010年

亜連高等は、ガス自熱改質水素製造用流動床反応器を開発し、特許を取得しました

アフリックハイテックは、水素を製造するためのガス改質装置を独自に4つ開発し、特許を取得しました

アフリックハイテックは、新しいタイプの熱流体システムのための触媒燃焼炉を開発し、特許を取得しました

アフリックハイテックは、水素発生排ガスを熱源とした触媒バーナーを開発し、特許を取得しています

2009年
2008年

50Nm³/h天然ガス焚き水素炉は、アフリックハイテックが開発、試運転、特許取得に成功しました。

アレッコは、埋立ガスからメタンを回収する方法の開発に成功し、特許を取得しました。


2006年

アジア連合ハイテクの会長である王業勤は中欧国際工商学院でEMBAの学位を取得しました;

PSA酸素発生技術の工業化 小規模天然ガス流動層パラジウム膜で高純度水素を製造する「国家863プロジェクト」に、アフリックハイテックと華南工業大学の共同申請が承認された。


2019年
2011年
2016年
2015年
2012年
2005年

天然ガスの水蒸気変換による水素への大規模応用

燃料エタノール技術の工業化に成功


2004年

コークス炉ガス前処理とPSA水素化の工業化

メタン精製技術を工業化し特許を出願した

過酸化水素技術の工業化


2000年

それは国民のハイテク企業です。


2007年

主要プロジェクトのサブプロジェクトである電気自動車863台分の水素供給技術・機器の受け入れに成功しました。


History

発展歴程

Honor

資質の栄誉